格安スマホ・格安SIM

nuro mobileのメリット・デメリットを分かりやすく解説!

nuroモバイル

この記事はこんな方におすすめ

  • 格安スマホに乗り換えようと思っている
  • nuromobileのメリット・デメリットを知りたい
  • 他社の格安スマホと比較した時に、何がいいのかを知りたい

といった疑問や悩みをお持ちの方におすすめの記事です。

 

結論から言ってしまうとnuro mobileはこんな方におすすめです。

  • ドコモ回線から乗り換える人
  • スマホの初期費用を抑えたい人
  • スマホをXperia 10 Ⅱに変えたい人

 

nuro mobileはドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線が用意されていますがドコモ回線が最も安くておすすめです。

 

また音声通話プランを新規申し込みをすると最初の3か月間のスマホ代を100円/月以下に抑えることが出来ます。

 

本記事ではまずnuro mobileの基本となる

  • 料金プラン
  • 事務手数料等

 

についてまず解説します。

 

その後nuro mobileのメリットとデメリット具体的には

nuro mobileのメリット

  1. 最初3か月間のスマホ代が100円/月以下
  2. 10分かけ放題オプションも3か月間無料
  3. 端末の同時購入で5000円のキャッシュバック
  4. データの前借ができる
  5. データをプレゼントすることが出来る

nuro mobileのデメリット

  1. 解約金がかかってしまう
  2. 通話アプリからの発信が少しめんどくさい

を解説していきます。

 

nuro mobileについて詳しくお知りになりたい方は、ぜひ最後までお楽しみください!

>>nuro mobileのお申し込みはこちらをクリック

料金プラン

まず最初に基本となる料金プランについて解説していきます。

 

nuro mobileの月々のスマホ代を決める要素は3つあります。

  1. 回線の種類
  2. データ使用量
  3. SMSや音声通話が付いているか

 

といった3つの要素によって月々のスマホ代が変わってきます。

 

まずはそれぞれの回線ごとの月額料金プランを最初に紹介します。

ドコモ回線の料金プラン

格安SIM

ドコモ回線の場合の料金プランは以下の通りです。

容量 データ専用 データ+SMS 音声通話
お試しプラン 0.2GB 300円 450円 1,000円
Sプラン(D) 2GB 700円 850円 1,400円
Mプラン(D) 7GB 1,500円 1,650円 2,200円
Lプラン(D) 13GB 2,700円 2,850円 3,400円

 

ドコモの回線が一番安い料金プランです。

ドコモ回線から乗り換える方におすすめの料金プランといえます。

 

音声通話をするという方は「音声通話付きプラン」がおすすめです。

7GB/月使っても2,200円に抑えられるのが格安スマホの魅力であり、nuro mobaileのメリットでもあります。

 

月のデータ使用量とスマホの使用頻度に関しては下の表を参考にしてみてください。

 

利用頻度 通信量
メールやLINEの連絡程度 ~1GB
Twitterやinstagramその他のアプリも楽しみたい方 3~7GB
動画や音楽、オンラインゲームを楽しみたい方 10GB以上

 

auの料金プラン

au回線の場合の料金プランは以下の通りです。

容量 データ専用 データ+SMS 音声通話
お試しプラン 0.2GB 500円 650円 1,200円
Sプラン(A) 2GB 780円 930円 1,480円
Mプラン(A) 7GB 2,100円 2,250円 2,800円
Lプラン(A) 13GB 2,980円 3,130円 3,680円

 

※au回線利用時の注意※

au VoLTE対応端末が必要です。

また、2017年7月31日以前にauから発売されたau VoLTE対応端末に関しては、

SIMロックを解除していただくことが必要です。

 

au回線とソフトバンク回線はドコモ回線よりも基本料金が高いです。

ソフトバンクの料金プラン

ソフトバンク回線の場合の料金プランは以下の通りです。

容量 データ専用 データ+SMS 音声通話
お試しプラン 0.2GB 300円 - 1,200円
Sプラン(S) 2GB 700円 - 1,680円
Mプラン(S) 7GB 1,500円 - 2,800円
Lプラン(S) 13GB 2,700円 - 3,680円

 

以上が基本の料金プランとなります。

次に事務手数料や通話料金について紹介します。

事務手数料等

格安SIM

登録手数料や通話料などの代表的な料金は以下の通りです。

登録事務手数料 3,000円
最低利用期間内解約金

(音声通話プランのみ)

12,000円~0円
音声通話料 20円/30秒※
SMS送信料 3円~/通

 

※nuro mobileでんわアプリ使用時は10円/30秒となります。

 

主な事務手数料はこのような感じです。

解約料やnuro mobileでんわアプリについては後述します。

 

次に料金プランを他社と比較するとどうなるかを簡単に説明します。

他社のSIMと料金プランを比較

格安SIM

以下の表は音声通話ありの料金プランで比較しています。

 

比較対象はLINEモバイルです。

データ量 月額
LINEモバイル 6GB/月 2,200円/月
nuro mobile ドコモ 7GB/月 2,200円/月
nuro mobile

auやソフトバンク

7GB/月 2,800円/月

 

nuro mobileのドコモ回線の場合、LINEモバイルよりも料金プランがお得です。

一方でauやソフトバンク回線を選択してしまうと、LINEモバイルよりも割高になってしまいます。

 

なのでnuro mobileに乗り換える場合はドコモからそのまま乗りかえるか、もしくはSIMフリーの端末で使う事をおすすめします。

 

SIMフリーやSIMロック解除とは何かをお知りになりたい方はこちらの記事がおすすめです。

>>SIMフリーやSIMロック解除って何?

またLINEモバイルについて詳しくお知りになりたい方はこちらをご覧ください。

>>LINEモバイルの特徴を分かりやすくまとめてみた!

 

次にnuro mobileならではのメリットについて解説していきます。

nuro mobileのメリットは以下の5点です。

nuro mobileのメリット

  1. 最初3か月間のスマホ代が100円/月以下
  2. 10分かけ放題オプションも3か月間無料
  3. 端末の同時購入で5000円のキャッシュバック
  4. データの前借ができる
  5. データをプレゼントすることが出来る

メリット

最初3か月間のスマホ代が100円/月以下

格安SIM

nuro mobileは最初の3か月間のスマホ代が安くなるキャンペーンを実施しています。

 

対象としては、音声通話付きのS・M・Lプランのいずれかに、新規または他社からのお乗り換え(MNP)で申し込んだ方が対象です。

 

例えばドコモ回線を選んだ方の料金プランは以下のようになります。

1か月目 2-4か月目 5か月目~
Sプラン 0円 100円 1,400円
Mプラン 0円 100円 2,200円
Lプラン 0円 100円 3,400円

 

10分かけ放題オプションも3か月間無料

また通常800円/月かかる10分かけ放題のオプションも、最初の3か月間は無料になります。

 

端末の同時購入で5000円のキャッシュバック

SIMと同時にXperia 10 Ⅱを同時に申し込むと、翌月に5000円のキャッシュバックをもらうことが出来ます。

 

スマホ本体も買い替えようと考えていた方はぜひXperia 10 Ⅱもご検討してみてください。

 

データの前借ができる

格安SIM

「今月はどう考えてもデータがオーバーしてしまう」

といった経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか?

 

そのようなお悩みをお持ちの方にnuro mobileはおすすめです。

nuro mobileは翌月のデータ容量から、データの前借をすることが出来ます。

 

前借については無料ですることが出来ますので、たびたびデータがオーバーしてしまう人にとっては有難いサービスです。

データをプレゼントすることが出来る

格安SIM

またnuro mobileではデータの貸し借りもすることが出来ます。

 

同じ回線どうしてであればデータのプレゼント(パケットギフト)を無料で行えます。

 

例えば家族で同じ回線を申し込んでおけば、家族間でデータの貸し借りをスムーズに行うことが出来ます。

 

メリットに関する解説は以上となります。

次にデメリットの解説をしていきます。

 

nuro mobileのデメリットは以下の2点です。

nuro mobileのデメリット

  1. 解約金がかかってしまう
  2. 通話アプリからの発信が少しめんどくさい

 

順番に解説します。

デメリット

解約金がかかってしまう

格安SIM

他社の格安SIMの場合、解約をする場合に解約料金が発生しないSIMが多いです。

 

一方でnuro mobileは最大で12,000円の解約金が発生してしまいます。

 

例えば使い始めて6か月目で解約するとします。

この場合、本来ならば残り6か月使う必要があったので解約金として1000円×6=6,000円かかってしまいます。

 

解決方法

解約料金を発生させないためには最低でも1年以上使う必要があります。

 

1年以上使えば解約料金は発生しません。

通話アプリからの発信が少しめんどくさい

nuro mobileでんわアプリを使うことにより、通常20円/30秒かかるところを10円/30秒に抑えることが出来ます。

 

しかしこのアプリから発信するときに頭に「0037-692」をつける必要があります。

 

例えば筆者の電話番号が080-1111-2222だったとします。

筆者にかける場合、0037-692-080-1111-2222と入力して初めて割引がされます。

 

これは地味にめんどくさい作業です。

 

解決方法

根本的な解決方法ではありませんが、通話をする機会の多い方は「10分かけ放題オプション」の加入がおすすめです。

 

このオプションに加入することで10分未満の通話が800円/月でかけ放題となります。

 

また先述の通りこのオプションは最初の3か月間は無料となります。

 

ぜひご検討ください。

まとめ

最後にまとめです。

  • nuroモバイルはドコモ回線がおすすめ
  • auやソフトバンクの回線だと少し高くなってしまう
  • 最初3か月間のスマホ代を100円/月に抑えられる
  • データの前借やプレゼントを無料ですることが出来る
  • 1年未満の解約は解約料金が発生する

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

>>nuro mobileのお申し込みはこちらをクリック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たなべ

格安スマホ歴5年目。FP3級。格安スマホなど固定費削減アイテムをこよなく愛しています。

-格安スマホ・格安SIM
-

Copyright© ログタナベ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.