文章力

心の琴線に触れるキャッチコピーを創造する秘訣

この記事はこんな人におすすめです。

☑ もっと読者を惹きつけるようなキャッチコピーを書きたい!
☑ キャッチコピーを考えるのに時間がものすごくかかる!

キャッチコピーを書く前にすること

 

日紹介するのは「心の琴線に触れるキャッチコピーを創造する秘訣」です。多くの方がキャッチコピーやメインタイトルを書くのに苦労されているのではないでしょうか?今回は美しいキャッチコピーが書けるようになる秘訣を紹介します。

 

キャッチコピーは「型」があります。よく言われているのは「数字」をいれることだったり「〇〇の法則」というもの。しかし、そのようなお決まりの「型」を知ることよりももっと大事なことがあります。それはキャッチコピーを考える前に「自己分析」と「ターゲット設定」をすることです。

 

自己分析とターゲット設定をしないでキャッチコピーを考えるのは、例えるとするならば現在地も分からず、地図もコンパスも持たないで目的地に行こうとするような行為に等しいです。

 

自己分析はいわゆる現在地を知る行為と同じです。あなたが目的地にたどり着けるのは、現在地から目的地にたどりつくためのルート・距離・方角がわかるからです。一番大事な現在地がわからなければ目的地にたどり着けるはずありませんよね。

 

なので、まずは自分が売り込もうとしている記事や商品は何がストロングポイントなのか、あるいは他社の製品と何が違うのかを分析しましょう。

 

そして次にやってもらうのが「ターゲット設定」です。ターゲット設定というと難しいイメージを持たれるかと思います。しかしこのターゲット設定ができていないと読者・消費者の琴線に触れるようなキャッチコピーを書くのは難しいです。

 

例えばあなたがダイエットに関する記事を書くと仮定します。これがターゲット設定をしていないと、一例として「おすすめのダイエット方法16選」といったような、誰に対して書かれたメッセージなのか分からない記事ができてしまいます。

 

ダイエットといっても運動による減量や食事制限によるものが考えられます。その記事がおすすめの運動方について書かれた記事であるならば、運動を続けられない人のボトルネックは何なのかまでを考えて初めてキャッチコピーが出来上がります。

 

例えば運動を続けられない人のボトルネックとして、運動をやるのがめんどくさい。時間が確保できない。といった悩みがあります。そこまでターゲットが設定できれば
「たったの5分!1か月続けるだけでで3kg痩せられる簡単ダイエット」といったようなキャッチコピーが考えられます。どうですか具体性が増して「どんな運動なんだろう」と興味がわいてきますよね。

 

大事なのは、繰り返しになりますが自己分析とターゲット設定をし、自社商品の強みを考えそしてターゲットの琴線に触れるようなキャッチコピーを考えることです。これらができればキャッチコピーは自ずと浮かんできます。

 

自己分析についてはマインドマップやブレインストーミングを使うことによって見えてくるでしょう。今回は具体的にどのような方法でターゲット設定・分析をすればいいのかを見ていきます。

ターゲット設定の方法

 

ーゲット設定をするにあたっては以下のことを設定するのがおすすめです。

  1. 年齢
  2. 性別
  3. 職業
  4. 年収
  5. 世帯規模
  6. (住所)
  7. (学歴)

少なくとも1~5は設定しましょう。6・7は時と場合によって設定しましょう。

例えば先ほどのダイエットのための運動の記事を書くと仮定したときに一例として以下のように設定できます。

  1. 30歳
  2. 女性
  3. 銀行員
  4. 400万円
  5. 独身
  6. 都内に住んでいる
  7. (省略)

というようにターゲット設定をすることができます。このように設定すればキャッチコピーは

「イケメンが思わず振り向く!引き締まった体を手に入れるおすすめの簡単ダイエット」
「都内で楽しくダイエットができる場所7選」
「普段のオフィスワークでもできる効果抜群のプチダイエット」

といったターゲットを想定したキャッチコピーが書けます。

 

そしてターゲット設定は何パターンもやることをお勧めします。上記の例だけでなく、「40歳の男性で仕事が忙しくてなかなか時間が取れない年収800万円のサラリーマン」を仮定すればアプローチの仕方もおのずと変わってくるでしょう。そして何パターンも想定したうえで自分の記事はどの層が最もよく読んでくれるのかを考えると、必ずいいキャッチコピーが生まれてきます!ぜひお試しあれ!

 

まとめ

  1. 自己分析とターゲット設定をする
  2. ターゲット設定は年齢、性別、職業、年収、世帯規模を何パターンも考える
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たなべ

超読書家。2019年に年間200冊以上の読書を達成。読書から得た知識を紹介している。主な読書のカテゴリーは「健康」と「目標達成」の2つ。

-文章力
-, , ,

Copyright© ログタナベ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.