意志力

意志力を爆上げさせる科学的テクニック

・達成したい目標があるけどうまくいかない!

・途中で誘惑に負けてしまう。。。

・意志力をもっと鍛えたい!

と多くの方が抱えている悩みを、意志力の権化たる筆者が(?)解決する手段を紹介する記事となっております。

ぜひ最後まで楽しんでください!

今日の参考文献は「こちら」「こちら」です!

前者は社会心理学者のハイディ・グラント・ハルバーソン氏が書かれた本で、後者はスタンフォード大学で教鞭をとっている、健康心理学者のケリー・マクゴニガル氏が書いた本です。

意志力についての誤解

意志力が強い男性

ぜ人は目標を達成できないのでしょうか。

なぜ人は、ダイエットに何度も失敗してしまうのでしょうか。

なぜ人は、寿命を縮めるとわかっている喫煙をやめられないのでしょうか。

なぜ身長の高いイケメン俳優のあの人は、だめだとわかっていても10歳年下の女優と不倫をしてしまうのでしょうか(冗談です笑)。

 

その答えとして多くの方は「その人は意志力が低いからだ」と考えるのではないでしょうか。そして「意志力は努力によって伸ばせるものではない」と考える方も多いのではないでしょうか。

 

確かに意志力は目標を達成するために大きく関わっています。意志力の強い人は目標を達成できる可能性が優位に高いです。

 

しかし!「意志力は努力によって伸ばせるものではない」という考え方は間違っています。最新の研究によって「意志力」は後天的に鍛えられることがわかっています。心理学においては「意志力」のことを「自制心(セルフコントロール能力)」と呼びます。

 

研究では日常的な鍛錬、いわゆる「運動をする」「日記をつける」「利き手とは反対の手を使う」といったことに2週間取り組んだ人は、何もしていない人に比べて健康的になっただけでなく「流しに食器をため込まない」「衝動的な買い物をしない」といった意志力が必要とされる場面において、自制心を発揮できることが分かっています。

 

意志力が鍛えられる時とは

 

志力を司る脳の部位、それは「前頭前野」です。「前頭前野」いう脳の部位を鍛えれば鍛えるほど意志力も強くなります。そして前頭前野を鍛えるためには1つの原則があります。その原則はこちらです。

自分の選択した瞬間に気づく

どういうこと???

という声が世界中から聞こえてきたのでその疑問にお答えします。

例えば「ついつい夜中にSNSをチェックすること」をやめたい女性がいるとします。

早く寝ないと明日の仕事に支障が出ると分かってるのに

ついついSNSを布団でチェックしちゃう。。。

木曜日の夜、仕事終わりでその女性はすでにクタクタ。

今すぐ布団に入って夢の国を満喫したいけど、いつもの習慣で布団に入りSNSをチェック。

友達のinstagramに「いいね!」
イケメン俳優のyoutubeに「高評価!」
はたまたログタナベをついつい見てしまい、気が付いたら指が勝手にシェアしてしまってる!。。。

 

「そろそろ寝ようかな」なんて思い、時計の針を見たころにはすでに夜中の1時を回って絶望。。。明日も大事な会議があるのにいつもの習慣でSNSを見てしまった。そして寝る前に一言

今日もログタナベは有益な情報を発信していたな、おやすみなさい。。。」

 

。。。さて、この女性が意志力を鍛え、SNSをチェックしないようにするためにはどうすれば良かったのか。

そうです。自分の選択に気づく、つまりSNSをチェックしている瞬間の自分を認知する、客観的に見つめる。これだけで前頭前野が大きくなり意志力を鍛えることができるのです。

 

脳は繰り返し行っている行動を記憶していきます。最初は不慣れだった行動も繰り返すことで段々と容易にできるようになってきます。

 

自転車に初めて乗った時のことを覚えていますか?最初は補助付きでないとこげませんでしたよね?それが繰り返し乗っていくうちに一人で乗れるようになったのは、この脳の素晴らしい機能のおかげです。

 

意志力についても同じです。繰り返し「自分の選択を認知する」という訓練を続けていくうちに、次第に前頭前野が大きくなり「望ましくない行動をとらない(SNSを夜にチェックしない)」、あるいは「目標のための行動をとる(疲れていてもジムに通う)」、ということが簡単にできるようになります。

意志力の鍛え方

こからは意志力のベースを底上げする方法について紹介します。今から紹介するテクニックは科学的に意志力を爆上げする方法であり、かつ無料でできる方法です。ぜひお試しください。

その方法とはこちら。

瞑想

 

瞑想をしている男性

瞑想ってあの瞑想???

そんなんで意志力を鍛えられるの?

 

そうです。「瞑想」とはあの「瞑想」です。英語で言えば"meditation"でイタリア語でいう"meditazione"でヘブライ語ではなんていうか知りませんが、あの瞑想です。

 

「瞑想」というと何やら宗教的な匂いがしますが心配無用。私がおすすめする方法はそんなスピリチュアルなものではありません。やりかたはいたって簡単で、シンプルに「呼吸に集中」するだけです!以下の手順に沿って5分を目標にトライしてみてください!

  1. 姿勢を正し椅子に座る
  2. 鼻から息を吸い(5秒)、口から息を吐く(7秒)
  3. 2を繰り返す
  4. 気が散り始めたら再び呼吸に意識を集中する。

たったこれだけです。しかし意外と難しいです。私は1年以上瞑想を続けていますが最初は3分続けるだけで精一杯でした。おそらく瞑想をしている最中に

「明日の会議はどんな風に進めようかな」
「おなかすいたなぁ」
「ドラマの続きが気になるなぁ」

なんていう無数の考えが、新宿駅内をすれ違う人のように頭によぎるでしょう。でもそれでいいんです。大事なのは「気が付いたら別のことを考えている自分を認知する」ことだからです。そしてその状態から呼吸に意識を戻す瞬間に「意志力」は鍛えられます。

 

なので最初は呼吸以外のことに意識が向いてしまい「自分は瞑想がへたくそだ」と挫折を味わうかもしれません。しかしそういった人ほど成長の伸びしろがあります。なぜなら繰り返しになりますが、「選択している自分を認知する」ことで「意志力」が鍛えられるからです。

 

瞑想を続けることで、集中力や衝動の抑制力といった力が向上します。

 

「自分は意志力が低い」あるいは「瞑想に一度挑戦したことはあるものの挫折した経験がある」という人は、1日5分の瞑想から始めてみてください。5分が難しかったら1分からでも大丈夫です!大事なのは短い時間でも毎日続けることです。

 

ぜひ「意志力のボディビルダー」を目指してトライしてみてください!続ければ必ず明るい未来が待っています!

 

まとめ

  • 意志力は筋肉のように後天的に鍛えることができる。
  • 意志力は「選択した自分を認知する」ことによって鍛えられる。
  • 意志力は瞑想によって鍛えられる
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たなべ

超読書家。2019年に年間200冊以上の読書を達成。読書から得た知識を紹介している。主な読書のカテゴリーは「健康」と「目標達成」の2つ。

-意志力
-, , , ,

Copyright© ログタナベ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.