Wi-Fi / WiMAX

GMOとくとくBB WiMAXの特徴やメリットを紹介

GMOとくとくBB

この記事はこんな方におすすめ

  • WiMAXを契約しようと考えている
  • お得な会社からWiMAXを契約したい
  • GMOとくとくBBの特徴を知りたい

といった疑問や悩みをお持ちの方におすすめの記事です。

 

GMOとくとくBBは全WiMAXのプロバイダーの中で、最もお得にWiMAXを契約が出来るプロバイダーです。

 

2020年10月現在、GMOからお申し込みすることで28,500円のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

 

本記事では

  • WiMAXで選べる端末
  • GMO WiMAXの料金プラン

といった基本情報をまず紹介します。

 

次にGMOのメリットを解説します。

GMOのメリットは以下の6点です。

GMO とくとくBBの6つのメリット

  1. 他社を圧倒する安さ
  2. 28,500円のキャッシュバックがもらえる
  3. 端末代が0円に抑えられる
  4. 20日以内ならキャンセルOK
  5. LTEオプションが無料
  6. スマホ代が安くなる

 

WiMAXのご契約を検討している方はぜひ最後までお楽しみください!

 

>>GMO WiMAX2+のお申し込みはこちらをクリック

選べる端末

回線

WiMAXで選べる端末は2つあります。

  1. WX06
  2. W06

の2つです。

 

各端末の特徴はこのようになります。

 

WX06:安定した通信が可能

WX06

 

 

W06:速い通信が可能

W06

 

もう少し具体的に書くと、各端末の性能はこのようになります。

WX06 W06
発売日 2020年1月30日 2019年1月25日
最大通信速度(下り) 440Mbps 1,237Mbps
最大通信速度(上り) 75MBps 75MBps
連続通信時間(エコモード) 8時間20分 5時間48分
その他機能 QRコードで簡単接続

バンドステアリング機能

クレードル対応

 

筆者のおすすめは最新の端末のWX06です。

長時間使えて、かつ安定した通信ができるのはかなり重要です。

 

WX06とW06の違いについてはこちらの記事に詳しくまとめています。

>>WX06とW06の違いを分かりやすく解説

 

料金プラン

回線

次に料金プランについて解説します。

選べる料金プランは2つあります。

 

  1. ギガ放題プラン
  2. 7GBプラン

 

の2つです。

 

GMOに限らず多くのWiMAXのプロバイダーはこのプランでWiMAXを提供しています。

 

それぞれのプランの特徴はこのようになります。

  • ギガ放題プラン:データ使い放題!だけど少し月額が高い
  • 7GBプラン:月7GBまで通信できて月額が抑えられる。

 

筆者のおすすめは圧倒的にギガ放題プランです。

 

おすすめする理由は2つあります。

  1. 家でも使うとなると月7GBは少ない。
  2. 93%以上の方がギガ放題プランを選択している

 

プランの変更はいつでもできますので、ギガ放題プランを選択して月に7GB未満しか使っていない、という状況なら7GBプランに変更してもいいかもしれません。

 

それぞれの料金プラン

料金プラン

それぞれの料金プラン等を紹介します。

それぞれの料金プラン等はこのようになります。

 

ギガ放題プラン 7GBプラン
入会費 0円
端末代金 0円
LTEオプション利用料 0円
事務手数料 3,000円
契約年数 3年
キャッシュバック 28,500円
1-2か月目 3,609円/月 3,609円/月
3か月目以降 4,263円/月
3年間の平均月額 3,435円/月 2,845円/月

 

GMOはキャッシュバックを受け取ることで、他社のプロバイダーよりもWiMAXの月額を安く抑えることが出来ます。

 

次にGMOとくとくBBのメリットについて解説していきます。

メリットは以下の6点です。

GMO とくとくBBの6つのメリット

  1. 他社を圧倒する安さ
  2. 28,500円のキャッシュバックがもらえる
  3. 端末代が0円に抑えられる
  4. 20日以内ならキャンセルOK
  5. LTEオプションが無料
  6. スマホ代が安くなる

 

順番に解説していきます。

 

GMO とくとくBBのメリット

他社を圧倒する安さ

回線

GMOは業界最安級のWiMAXのプロバイダーです。

 

他社とギガ放題プランを比較するとこのようになります。

平均月額1 平均月額2
GMO とくとくBB WiMAX 4,227円/月 3,435円/月
DTI WiMAX
3,519円/月 -
BroadWiMAX
3,573円/月 -
カシモWiMAX 3,685円/月 -
UQ  WiMAX 3,880円/月 -
So-net モバイル WiMAX 4,046円/月 -
BIGLOBE WiMAX
4,513円/月 4,097円/月

 

平均月額1はキャッシュバックを受け取らない場合の月額。

平均月額2はキャッシュバックを受け取った場合の月額を示しています。

 

ご覧の通り、全プロバイダーの中でも平均月額が最も安いのがGMOです。

回線 注意

 

しかしキャッシュバックの受け取りを忘れてしまうと他社の方がお得になります。

 

キャッシュバックを受け取ることを忘れてしまいそうで怖い!

という方にはDTIからのお申し込みがおすすめです。

 

DTI WiMAXについてはこちらの記事に詳しくまとめています。

>>DTI WiMAXについて特徴や料金プランを分かりやすくまとめてみた!

28,500円のキャッシュバックがもらえる

GMO

2020年10月現在キャンペーンの一つとしてWX06もしくはW06を選んだ方を対象にキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

 

キャンペーンについては申し込みの時期によって変動しますので、ご注意ください!

キャッシュバックの受け取り方法は、以下のようになります。

 

  1. GMOとくとくBBより端末発送月を含む11ヶ月目に、キャッシュバック特典の振込みに関するご指定口座確認の案内メールが送られる。
  2. 振込み先の口座情報を登録する。
  3. 返信の翌月末日(営業日)に指定の口座に振り込まれる。

 

キャッシュバックの受け取りだけは忘れないように気を付けましょう!

 

端末代が0円に抑えられる

回線

GMOとくとくBBからお申し込みをすることですべての端末代金を0円にすることが出来ます。

 

たとえば筆者おすすめのDTI WiMAX2+の場合、WX06+クレードルのセットにすると端末代として3,686円が必要になります。

20日以内ならキャンセルOK

キャンセル

仮にうまくデータ通信が出来ない、通信速度が思ったよりも遅いというとがあった場合、20日以内ならキャンセルが可能です。

 

例えばBroad WiMAXの場合、キャンセルはできますが、無料でキャンセルできるのは8日以内と少し期間が短めです。

 

GMOはキャンセルを念頭に検討されている方にもおすすめのプロバイダーです。

LTEオプションが無料

回線

LTEオプションとは4G LTEに切り替えることの出来るオプションです。

 

WiMAX 2+がデータ通信は以下のエリア内なら通信が可能ですが、このエリアの外側では通信が出来ません。

 

しかしLTEオプションが付いているため、WiMAX 2+のエリア外でも4G LTEの方に通信を切り替えることによってデータ通信が出来るようになります。

 

WiMAXの通信エリアや、4G LTEの通信エリアに関しては以下のリンクをご覧ください。

>>WiMAXの通信エリア

>>4G LTEの通信エリア

 

スマホ代が安くなる

回線

auのスマホもしくはUQモバイルのスマホユーザーの方は、GMOをお申し込みすることでスマホ代が安くなります。

 

auの方はスマホ代が1000円/月。

UQモバイルならスマホ代が500円/月安くなります。

 

UQモバイルは通信速度が他社の格安SIMよりも圧倒的に速い格安SIMです。

 

UQモバイルについてはこちらの記事に詳しくまとめていますので、せひ参考にしてみてください。

>>UQモバイルのメリット・デメリットを分かりやすく解説

 

まとめ

最後にまとめです。

  • 料金プランは2つ選べる
  • おすすめはギガ放題プラン
  • 端末も2つ選べる
  • おすすめはWX06
  • GMOは他社のWiMAXを圧倒する安さ
  • UQモバイルユーザーはスマホ代もさらに安くなる
  • キャッシュバックの受け取りだけは確実にこなそう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

>>GMO WiMAX2+のお申し込みはこちらをクリック

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たなべ

格安スマホ歴5年目。FP3級。格安スマホなど固定費削減アイテムをこよなく愛しています。

-Wi-Fi / WiMAX
-

Copyright© ログタナベ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.